多機能うちわ

うちわクイーン

うちわにはこんなに多くの場面で活用されていたのです。

多機能うちわ

うちわは古代から様々な使われ方をしてきた道具のようです。

うちわはなんと古代中国の記録や古代エジプトの壁画にも見られるほど、古い歴史をもつ道具です。

日本では古墳壁画に見られ、その頃は暑さをしのぐためではなく、威儀行列の道具として用いられていたようです。

中世(飛鳥~鎌倉時代)入っても、依然うちわは威儀具として使用されていましたが、素材や大きさが多様化し、絹、植物繊維、また鳥の羽等も用いられていました。

戦国、室町時代になると、扇部に竹や芭蕉の骨、紙が素材として用いられ、現在のうちわのかたちの原型となりました。

また素材に漆を塗ったものや、板や薄い鉄板なとで堅固に作られたものもあり、武具をしての機能を果たすうちわもありました。

庶民へ広く普及し、今のように日常生活道具としてうちわが利用されはじめたのは、江戸時代に入ってからのようです。

扇いで涼むだけではなく、炊事、装い、虫追いなど多様な場面で活用されていました。

長い間、威儀を示すものだったうちわは、一般大衆に使われることによって、「あおぐ・はらう・楽しむ」の道具と変化していったのです。

近代では、さらにうちわの機能は多様化し、美術的な価値を重きを置いた飾り用のうちわも多く出回るようになり、明治以降からは、うちわは広告・販売の媒体として使用されるようになりました。

特に夏にうちわは欠かせないので、受け取ってくれる方も多く、宣伝効果は自然に大きく広がります。

今では色々な種類や形のものあり、見ていても楽しめます。

宣伝効果の高い販促うちわをお探しならオリジナリティあふれる販促うちわ印刷で検索してみてください。

※自分だけのオリジナルのうちわを作りたい人はこちらをチェック!!
http://www.mortonmintz.com/

Yahoo! JAPAN